髪の毛の栄養成分は〇〇!?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
3度の飯よりクセ毛ショートカットが大好き。 エアウェーブにも精通している。漫画、アニメが大好き。話しを降られるとホイホイ付いていってしまうかも。(え?迷惑?)
詳しいプロフィールはこちら

フェイスブックの公開範囲を友達までにしてて

 

 

その範囲を全体に公開したのにぜんぜん反響がないです^^

 

 

良記事書けって事ですね。分かります。

 

 

今日も冷静と情熱の間の気持ちで書いていきますね。

 

 

たまに熱くなりすぎてしまう事もありますがスルーで大丈夫です。

 

 

 

 

それではいきましょー!!!

 

 

 

 

皆様は髪の毛の栄養成分って信じてますでしょうか?^^

 

 

髪の毛の栄養成分を入れると髪の毛が消化、吸収、同化して補修できます!!

 

 

うんたらケラチン、とか加水分解うんたらとか色々種類はありますよね。

 

 

あれって実際の所どうなんでしょうか?

 

 

その真実を書いていきます

 

参考記事は髪の毛の栄養成分なんて無い!!!を参考にしていきます!!

 

安定のぢ〜ぢさんの記事からですね♪

 

 

 

ヘアカラーやパーマ後のヘアトリートメントをオススメされる理由

 

皆様ご経験された事あると思うのですが

 

 

ヘアカラー、パーマ後は必ずトリートメントをしてください!

 

ヘアカラーやパーマで傷んだ髪の毛はタンパク質が少なくなってるので

 

栄養成分の粒子を毛髪内部に入れて栄養成分を補給しましょう!!

 

とか

ありますよね

 

この文はあくまで例えです

 

 

 

以下ぢ〜ぢさん

⬇︎

⬇︎

 

ヘアカラー直後はヘアダメージを
軽減するためにも トリートメントは必須です!

パーマやヘアカラーは化学薬品で
髪の内部を損傷させてしまいます
ですから 必ず内部に栄養成分を与えてあげる
のが必要不可欠なのです。

髪質改善メニューは あなたの髪の状態に合わせて、
天然のお薬を調合し、カラーやパーマと同時に
髪の毛に必要な栄養成分を補給し、
髪の中にしっかりと閉じ込めて行きます。
はいはい!こいつらは

髪の毛を痛めつける 2大極悪トリートメントね(爆)

この場末のぢ〜ぢの 昔の記事からはじまり

トリートメントは髪を傷めます!
ふとした読者の質問から シリーズ化してしまった


間違いだらけの 髪のコーティング その1

間違いだらけの 髪のコーティング その2

間違いだらけの 髪のコーティング その3

ヘアトリートメントの3大要素

このシリーズの続きだ!
髪の毛の栄養成分なんて無い!!!

前の記事で書いた
トリートメントの3大要素
◎タンパク質や架橋剤で内部の穴埋め

◎細胞間脂質(CMC)で脂質を補う

◎コーティング(皮膜)で表面を覆う
髪の毛の 栄養成分ってことは
◎タンパク質や架橋剤で内部の穴埋め
これのことだよね!?

ま〜 髪の毛の7割以上は
なにかしらのタンパク質で出来ている。。。
ヘアカラー・ブリーチ・パーマ・縮毛矯正などの
化学薬品で髪の毛の色や形状を変化さすのだから
必ず 髪の毛のタンパク質は痛めつけられる。
200種類以上ある髪の毛のタンパク質は
これらの化学薬品や施術行程で行われる
物理的(熱、テンションなど)なもので
溶かされたり 壊されたりするのは必須である。

この記事でも書いているが

髪の毛の 穴埋め と コーティング(皮膜)の違い!

ダメージ毛ってこんな感じ

 

image

痛んだ髪の毛の画像

ダメージホール

痛んで出来た 穴ボコ

ここだけ しっかりと 覚えておいてくれ!

こいつが ダメージヘアの元凶である・・・

んで ここに なにかしらの成分を 充填 して

痛んだように見えない髪の毛にしていくのだが。。。

ケラチンタンパク質 PPT タンニンなど いろいろあるが・・・

まえの記事に書いているが

すべて 類似した物質

擬似的なモノだったり かなり近い分子構造だったりはするが

髪の毛の失われた ダメージホールを

修復・再生などは 絶対にできない。。。

 

 

 

 

 

戻します。

 

 

髪の毛になにか施術をするとタンパク質が抜け出て傷んでいくんです

 

 

お伝えしたことがあるかもしれませんが

 

例えるのであれば

 

髪の毛一本が「太巻き寿司」だと思ってください

 

image

 

ご飯たっぷり詰まってますね。

 

 

ご飯がタンパク質だと妄想してください

 

 

妄想ですよ。妄想。

 

 

 

文字をピンクにしたのに意味は特にありません。

 

 

 

このご飯がヘアカラーやパーマをすると流れ落ちていく

 

 

やればやる程中身が無くなっていって最終的には海苔(キューティクル)だけになってしまいます。

 

 

海苔(キューティクル)だけになる前に切れてしまうと思います。

 

 

 

 

ここでまたぢ〜ぢさんお願いします

⬇︎

⬇︎
栄養成分などというと 食べ物のようにイメージしがちだが

残念ながら 髪の毛には消化吸収機能など 持ち合わせてはいない。。
ただ 入って 一時 髪の毛の成分みたいな

感じになるだけ・・・

だから パチもの(爆)
髪の毛に消化吸収機能は無いので

栄養を与えたからといって
まったく キレイになったりしない!
髪の毛の栄養成分など 存在しない!

ただ 似たような物質(類似成分)が
髪の中まで浸透しただけ♩

しかも
髪の毛のなかに浸透するほどの

小さな物質(低分子)なので

ちょいと洗っただけで いとも簡単に流れ出てしまう。。。

髪の毛のタンパク質にからみつくような ヘナのようなものや

なにかしらの反応で 高分子化して

多少の期間 髪の内部に残留するモノもあるにはあるが
ほとんどのものは 簡単に流出してしまうんだ。。。
だから こいつを

一定期間 髪の中に留めようと思うと

表面のコーティングが必要になってくるんだ!!!
だからこうなる

髪の毛に必要な栄養成分を補給し、

髪の中にしっかりと閉じ込めて行きます。

人工キューティクル とか聞くと なんだかカッコいいし

キューティクルの補修とかいうと

髪の毛のよさげなイメージだけど・・・

ここに 大きな 落とし穴が待ち受けている・・・
今日は これだけ 覚えておいてくれ

髪の毛の栄養成分なんて無い!!!

 

 

 

まとめ

 

結局は小さな物質なので上からコーティング(皮膜)をしっかりしないと抜け出てしまう。

 

コーティング(皮膜)しようと髪と同化する能力は持ち合わせてないのですぐに脱け出ます

 

どんなに髪にいいとされる成分を入れようが、その成分が「髪の毛」になってくれるなんて事はないです。(今の科学ではです。この先十分にあり得るとは思います)

 

 

 

死んだ物に死んだ物を入れても生き返らないですよね。。。

 

 

中身を入れてコーティングしてしまえば手触りが良くなって

 

『あれ?これすごいツヤツヤサラサラでキラキラだわ!髪の毛治ってるわ!!!』

 

と錯覚してしまったりしますよね。

 

 

でもそれは

 

 

ツヤツヤサラサラギラギラ

 

しれません。

 

 

キラキラではなくコーティングでギラギラです。

 

ギラギラが好きな方もいらっしゃるとは思うのですが

 

なんとなく響く的にキラキラの方がいいですよね笑

 

ギラギラはなんか重〜く皮膜がたっぷりなイメージですよね

 

 

次に続く?

 

 

以上川崎でした!!!
LINEのお友達追加はこちらからお願いします!!ご相談もお気軽にどうぞ!!

友だち追加

Twitterもお願いします!!フォロー必ず仕返します!!

この記事はいいね!
を渇望してます!

この記事を書いている人 - WRITER -
3度の飯よりクセ毛ショートカットが大好き。 エアウェーブにも精通している。漫画、アニメが大好き。話しを降られるとホイホイ付いていってしまうかも。(え?迷惑?)
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 美容侍カワサキのブログ。 , 2016 All Rights Reserved.