2016/07/15

ヘアカラーの仕組み

 

この記事を書いている人 - WRITER -
3度の飯よりクセ毛ショートカットが大好き。 エアウェーブにも精通している。漫画、アニメが大好き。話しを降られるとホイホイ付いていってしまうかも。(え?迷惑?)
詳しいプロフィールはこちら

ヘアカラーの仕組みについてお話しします。

 

 

皆さんがされているヘアカラー

 

一体どんな仕組みで明るくなり、どのようにして色が入っていくのかをお話しします。

 

 

 

普段何気なくやってるカラーの事について知っておいた方が何かといいと思います。

 

 

 

 

僕が勤めているお店でもそうなんですけど、カラーをされるお客様が多くを占めています。

 

美容室の中心メニューですよね。

 

 

どうしたら傷みづらいのか

 

 

それでは本題に入ります

 

 

 

傷みを最小限に抑えるカラー

 

それは根元だけを染めるリタッチカラーです。

 

 

これはプロの美容師にしかできない技術です。

 

 

自分でホームカラーされている方だとどうしても塗らなくていいところについてしまいます。

 

 

そうするとつければつけるほどダメージしていくので必然的にダメージしていきます。

 

 

白髪染めもリタッチカラーがオススメ

 

 

白髪染めの方でご自身で染めていると、根本が明るくて毛先は暗くなっている現象も見受けられます。

 

 

いわゆる逆プリンの状態ですね。一度そうなってしまうと中々元に戻すのは難しい

 

 

色素を抜いて色を入れていくやり方もあるのですが、ダメージします。

 

 

色素が抜けるという保証もないです

 

 

 

脱染する時になるべく傷みづらい様にはしていくのですが、髪に何かをすると言う事はダメージがつきものなのでもちろん傷みます

 

 

なので根元のみがいいです。

 

 

明るく退色してきたら染め直すくらいでいい

 

 

美容院で染めたほうが確実ですが、中々美容院に来れない方などは家族の方に染めてもらうのが良いです

 

 

 

そうすれば自分で染めるよりも傷みが抑えられると思います

 

 

 

客観的に見て塗った方が自分で塗るよりもダメージしづらいですね。

 

 

 

失敗してから美容院に来るよりもきれいに染めて失敗をなくして余計な施術をしないようにして髪の毛をいたわってあげることが大事です

 

 

 

自分で全体には塗らない方がいいです(根元のみも自分だと出来ません)

なぜダメなのか上げます

  • 髪が傷む(知ってるよ!って言いたくなりますね)
  • ムラになりやすい(様々な要因を読んで何をしたか詳細に聞いてやらないとかなりの確率でムラになる。黒染めとか縮毛矯正とか高温でアイロンしてるとか)
  • 塗り分けが出来ない(薬の強さを変えないで全体に塗るのはあまりオススメしません。でもプロの判断で一色で塗る事もあります)
  • 塗り残しが多い(ムラになると同じ感覚ですかね)
  • 薬が明るめだと根元が明るくなりやすい(すごく個人差がありますが、大体は明るければ明るい程根元が明るくなりやすいです)
  • 何回も繰り返してると様々な色素が混じり合うので色のコントロールが難しい(補色入れるとか対応が必要。これも個人差があります)

 

 

ざっとというか上げるとこれくらいでしょうか

 

 

まだ詳細にいけばたくさんあるのですが

 

 

髪は減点法でなくなっていきます!!でも書いたように髪の毛は無限ではなく有限です。

 

ダメージしてるところは色が入りやすい

 

 

健康な所は色が入りにくいといった特徴もあります

 

 

 

 

補強はできるが補修はできない

 

補修と補強の違いがわかりますか?

 

 

 

補修と言うものは直していくこと

 

 

でも

 

減点方式でなくなっていくので補修と言う事はあり得ません。

 

 

 

ただ補強になってくるとできます

 

 

ハナヘナというヘナを使っていくと可能です。

 

これは使い方を間違えると逆にギシギシになってしまったり扱いづらくなってしまうので素人さんの判断では使わないほうがいいです

 

ちゃんとプロに見てもらって使用してください。

 

 

このお話は別記事でします。

 

 

すぐ話しが逸れちゃいます

 

ヘアカラーの1剤について

 

1液は平たく言うと色素です

 

分かりやすいですね笑

 

なのでこれによって色が決まります。

 

 

これを塗っただけでは染まりません

 

ホームカラーした事ある人なら分かるのですがチューブに入ってる方ですね

 

 

内容成分がどうとかのお話しは省きます

 

 

科学者ではないので笑

 

 

 

ヘアカラーの2剤について

 

ぢ〜ぢさんのありがたいお言葉です。

 

まぁ 美容師なら 誰でも知ってることだが 2液の働きは

髪のメラニン色素を破壊する。脱色する訳だ。

あと 色素の酸化重合反応をさせる。発色させるって事。

 

です。

 

 

カラーをするにあたって1液だけじゃダメ

 

 

2液だけじゃダメというのが分かりましたね

 

 

この2つをマゼマゼして初めてカラー剤が出来上がります。

 

 

 

 

次はもう少し掘り下げてお送りしまーす!!

 

 

 

 

以上川崎でした!!!

 

 

LINEのお友達追加はこちらからお願いします!!ご相談もお気軽にどうぞ!!

友だち追加

Twitterもお願いします!!フォロー必ず仕返します!!

この記事はいいね!
を渇望してます!

この記事を書いている人 - WRITER -
3度の飯よりクセ毛ショートカットが大好き。 エアウェーブにも精通している。漫画、アニメが大好き。話しを降られるとホイホイ付いていってしまうかも。(え?迷惑?)
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 美容侍カワサキのブログ。 , 2016 All Rights Reserved.