>

エアウェーブ特化型美容師

まだエアウェーブやってないの?

リンク

洗髪?いえ、染髪について

WRITER
 
リンク
この記事を書いている人 - WRITER -
パーマを好きになってもらうのが最重要ミッションです!!エアウェーブ最高だからかけてみてください!くせ毛でお困りあなた、くせ毛ショートはお任せください!
詳しいプロフィールはこちら

2、3回の記事に分けてカラーもとい、染髪についてやっていきます

 

決して洗髪ではないですし先発でもございません

 

 

日本語って難しいですよね

 

 

さっそくいきますね

 

 

 

今日もウィキペディアさんからお借りしました

 

 

 

いつもまとめありがとうございます

 

 

 

 

読みたい所へジャンプ

種類[編集]

染髪には、一般的なカラーリングの他、ヘアマニキュアブリーチなど様々な種類がある。詳細はヘアカラーリング剤を参照。

色合い[編集]

基本となる色をここでは紹介する。

  • 灰色(アッシュ)をベースにした、ややくすんだ色合いのことだが、ヘアカラーでは元となる髪の色と合わせるために、ブルーが強い色合いである。
  • マット
    緑色をベースにした、ややくすんだ色合いのこと。枯葉色とも言われる。日本人特有の髪の赤みを抑える。
  • カッパー
    十円硬貨のような赤銅色。カッパーとは、のこと。日本人の髪質はやや赤みがあるので最も定着しやすく、褪色も遅いと言われる。
  • カッパーに近づくとピンク,アッシュに近づくとラベンダーなどと称される。白髪をカバーしたいときに適量用いると白髪に出やすい、黄色味を目立たなくする効果がある。
  • 黄色
    • ベージュとも称される。髪の明度をあげて用いると自然な明るさがでる。
  • 青みがかったブルーブラックや、ややくすんだアッシュブラックなど様々な種類がある。

各色名については各メーカーのヘアカラー剤を参照のこと。

 

 

色味がいっぱいあるんですね

 

 

アッシュとかマットとかベージュってよく聞いた事があると思います

 

 

一般的に赤みを抑えたい場合は寒色系ですね

 

 

 

大体の方は赤みを消したい方がほとんどなのでマットを使う事が多いです

 

 

マットを使う割合はけっこう個人差がありますが、あまり入れすぎると暗いというのが難点でしょうか

 

 

 

元の髪の色が明るければ色味が入りやすいです

 

 

これも一概には言えないんですけどね

 

 

 

明るくてもオレンジが残ってる場合なんかは色味が入りづらかったりします

 

 

使っているメーカーさんとかカラー剤の種類によってかなり違う事があります

 

 

カラー剤の種類によっては寒色系に強かったり、

 

 

暖色系に強かったりします

 

 

メーカーさんによってマチマチです

 

 

最近アッシュだけでもキレイに入るカラー剤もあるらしいのですが

 

 

まだ使った事がないです

 

 

使ってみたいですね。めっちゃいいらしいです

 

 

でもカラーの色味って最大で持って2週間位だと思っていただければいいのかなと思います

 

 

後でも書きますが退色が少ないのはナチュラルとかブラウンですね

 

 

自然な色で染めると明るくなってきたなーという感じはあっても

 

 

色味が抜けちゃったなーという感じはないです

 

 

自然な色味から遠ざけて色味を入れるほど退色が早いです

 

 

繰り返していけばドンドンいい色味になっていくのは確かなのですが

 

 

その反面傷みます

 

 

カラーを繰り返せば中身が詰まっていくから傷まないとかそういう考えもあるみたいなのですが

 

そもそも髪は死滅細胞で消化も同化も吸収もしないというお話です

 

(不可能な話ではないのですが現段階だとないのかなと思います。人が思った事とか考えた事って実現出来るって言いますよね)

 

 

髪は減点方式でなくなっていきます!!でもお話しましたね。

 

 

なので色味は入っていくが、その分傷むという事になります。

 

 

そこはどうしていくかご自身の髪の毛と相談ですね

 

 

アッシュの色味であれば明るくトーンアップした髪の毛にハナヘナのインディゴをシャバシャバにして作る

 

シャバディゴ

 

がオススメです。

 

 

これは単なる草なので傷みません

 

 

その代わり使い方を間違えるとギシギシになります

 

 

シャバディゴ、もとい泡ディゴ!!でもお伝えしたのですが

 

 

 

まだ検証してやっていかないとダメで自分なりの基準を作りますのでご期待下さいませ

 

 

 

 

ブラウンとかナチュラルの自然な色

 

 

これはどちらを使って染めてもぶっちゃけそんなに変わらないです

 

 

こんな事言ったらカラリストさんに怒られちゃうかもしれないですけど

 

 

目で見てもさほどの違いは見受けられないと思います

 

 

これがブリーチしたりとかしたり明るい髪に対してだったら変わってきます

 

 

 

後でもいいますがベージュもそんな感じですよね

 

 

黒髪とかで入れる時はブラウン、ベージュ、ナチュラルはさほど変化はないです

 

 

一般の方だと分かりづらいかもしれません

 

 

 

もちろんお分かりになる方もいらっしゃると思います

 

 

 

見分けるのは難しいです

 

 

 

明るくするとどうしても赤みが出てオレンジになってくるので

 

 

赤みを消すのにはこの3つは色味が弱いのとそもそも赤みを消す事が出来ないです(ブラウンはけっこうオレンジの色素ですしね)

 

 

 

白髪に入った方のカラーチャート(カラーのカウンセリングの時に見る見本みたいなやつです)見れる事があれば見てみると面白いかもしれません

 

 

 

白髪に入れるとこんな感じだけど黒髪だとこんな感じにしかならないのか~とか感じると思います

 

 

 

でもあくまでも見本なのでその通りには中々いかなかったりします

 

 

 

髪質とかもありますしね

 

 

 

長くなりそうなので紫と黄色と黒はこの次にします

 

 

 

 

 

以上川崎でした!!!

 

 

 

 

 

 
LINEのお友達追加はこちらからお願いします!!ご相談もお気軽にどうぞ!!

友だち追加

Twitterもお願いします!!フォロー必ず仕返します!!

この記事はいいね!
を渇望してます!

僕が11年の歳月をかけて学んだ美髪へのノウハウを全てつぎ込んで配布する事にしました。しかも、無料です。

総ページ60ページ以上のボリュームです。あなたが美髪になるためにお役立てください。今のうちに手に入れてください。

LINEで友達追加するともらえます!下のボタンからどうぞ♪



Twitterもお願いします!! フォロー必ず仕返します!!

フェイスブックはこちらです^^ 是非フォローお待ちしております^^ 友達申請もお気軽によろしくお願いします!!

   

この記事を書いている人 - WRITER -
パーマを好きになってもらうのが最重要ミッションです!!エアウェーブ最高だからかけてみてください!くせ毛でお困りあなた、くせ毛ショートはお任せください!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© まだエアウェーブやってないの? , 2016 All Rights Reserved.