DO-Sセミナー 美容師を楽しむために 次章

 

この記事を書いている人 - WRITER -
3度の飯よりクセ毛ショートカットが大好き。 エアウェーブにも精通している。漫画、アニメが大好き。話しを降られるとホイホイ付いていってしまうかも。(え?迷惑?)
詳しいプロフィールはこちら

僕が理解するためにまだ付き合ってくださいね笑

 

 

 

伝えることによって自分の理解力が高まりますもんね

 

 

しかしまだ興奮が収まりませんね

 

 

PHって濡れてる時だけあるって知ってました?(あると表現するのかどうか笑)

 

 

 

 

DO-Sのお薬で縮毛矯正やっちゃった!1

 

 

 

 

ド素人の僕は知りませんでした。なにも言えませんね

 

小ネタもたくさん持ちわせてるぢ〜ぢさんさすがです

 

 

 

じゃあ本題にいきましょー!!!

 

 

アルカリ度、酸度って何?

 

アルカリ度なんなんでしょうか

 

 

パーマ液だと薬事法でpH9.2まで使用できます

 

 

ヘアカラーだと10

 

 

ブリーチだと11〜12位だとおっしゃってました

 

 

簡単に終わらせると思いますが

 

 

アルカリ度も酸度も同じです

 

 

ぢ~ぢさんのお言葉です

 
アルカリ度 や 酸度

って やつだ

アルカリ度とは?

アルカリ性である度合い。水質測定に用いられる尺度の一。

指示薬を用い、調べる水を強酸で中和滴定するときの酸の使用量で表す。

ま 簡単にいうと アルカリを中和するために 必要な 酸の量

アルカリの強さ! みたいなもんだ。

 

 

パーマ液のアルカリ度って 知ってるのか???から抜粋しました

 

 

 

 

 

 

アルカリ度が高いと

 

またきったない字ですが

 

image

 

もう下に答えが書いてあるんですけど

 

 

 

 

 

image

 

 

 

多少削られても元に戻るんです

 

 

馬力があるから踏ん張ってくれる感じですね

 

 

 

image

 

 

上のように戻ってくれます

 

 

 

 

難しいですね

 

 

 

 

ご理解いただけましたでしょうか?(自問でもあります)

 

 

 

 

 

 

やばい・・・

 

 

 

 

 

DO-Sのお薬で縮毛矯正やっちゃった!1で内容張り切りすぎて尺が足りない・・・

 

 

 

もっと配分考えればよかった

 

 

 

こうなったらお得意のコピペですよっと

 

 

アルカリは薄めたからと言って簡単にpHが下がるわけではない

 

 

だからな

PH9のパーマ液を PH7の水で 半々にしたからといって

PHが中間の 8になるわけでは無いんだ!

わかるよな?

んじゃ 実際の 場末のパーマ屋 おりじなるの パーマ液で 試してみよう!

使用薬液

DO-SクリープL7

システアミン 3%

チオグリセリン 1%

チオ 1%

シス 0.5%

PH7

アルカリ度 0.8程度

DO-SクリープL8

システアミン 4%

チオグリセリン 0.5%

チオ 1.5%

シス 0.5%

PH8

アルカリ度 3程度

あとな 場末のパーマ屋の 水道水だ!

まず 水道水の PHを測ったら

ph 7.11

だった。

ここらは 計測器やそのサロンの水道によってまちまちなんで 参考までだな。

んで L7とL8も測ってみる

DO-SクリープL7 ph6.92

DO-SクリープL8 ph7.97

ま このあたりは 測定器誤差の範囲だ。。

んじゃ まず クリープL8を 水道水で薄めてみた。

L8         ⇒ 7.97

L8:水=2:1  ⇒ 7.89

L8:水=1:1  ⇒ 7.84

L8:水=1:2  ⇒ 7.79

ほ~ら~

L8はアルカリ度が3程度あるんで このぐらい水で薄めても

phは あまり下がらない。

還元剤の濃度は 薄くなるけど phは たいして 下がらないんだ。

んじゃ つぎに L7とL8を混ぜてみた。

L7         ⇒ 6.92

L7:L8=2:1  ⇒ 7.48

L7:L8=1:1  ⇒ 7.61

L7:L8=1:2  ⇒ 7.69

こんな感じだ!

L7とL8を半々にしたから phが7.5になるわけではない。

L7:L8=2:1 で ほとんど ph7.5に近い数値になってるだろ。。

これが アルカリ度の働きなんだな。。

だから 今回は ph8の クリープL8を メインに作ったんだな。

スペックが わからないと 計算しにくいからな♪

 

 

 

って事で他力本願な川崎です

 

まとめ

 

アルカリ度はアルカリの強さって事ですね

 

 

薄めたくらいじゃ簡単にはpHが下がらない

 

 

還元濃度は下がりますが

 

 

還元濃度は平たく言うとお薬の強さみたいなものです

 

 

 

SーS結合と呼ばれるものを切る(還元する)時に大事になってきます

 

 

 

 

S-S結合についてはどこかでやります

 

 

一つ確かな事は

 

 

ぢ~ぢさん偉大すぎて僕なんか足元にも及ばないですね(当たり前)

 

 

ケミカル強くなってお客様にかみ砕いて説明できるようにしていきます

 

 

 

今日もお勉強付き合っていただいてありがとうございました!!!

 

 

 

以上川崎でした!!!

 

 

 
LINEのお友達追加はこちらからお願いします!!ご相談もお気軽にどうぞ!!

友だち追加

Twitterもお願いします!!フォロー必ず仕返します!!

この記事はいいね!
を渇望してます!

この記事を書いている人 - WRITER -
3度の飯よりクセ毛ショートカットが大好き。 エアウェーブにも精通している。漫画、アニメが大好き。話しを降られるとホイホイ付いていってしまうかも。(え?迷惑?)
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 美容侍カワサキのブログ。 , 2016 All Rights Reserved.